睡眠コラム

寝汗がひどい原因と寝汗をよくかくときの対策方法

寝汗をよくかく体質で、暑い日は特にひどくて悩んでいる…。この記事では、そんなお悩みを抱える方に、寝汗の原因と対策方法について解説しています。

寝汗の原因

寝ている時にかく汗のこと(寝汗)を、医学用語では「盗汗(とうかん)」と呼びます。

汗には体温を調節する働きがあり、健康な大人の場合、一晩にコップ1杯程度の寝汗をかくと言われているため、寝汗をかくこと自体は問題ありませんが、着替える必要があるほどに寝汗をかく場合は注意が必要です。

1:ストレス

精神的なストレスが大きいと、自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなります。その結果、睡眠中の体温調整がスムーズに行われず、多量の寝汗をかくことがあります。

2:アルコールの飲みすぎ

アルコールを摂取すると、体内で「アセトアルデヒド」という有害物質が発生します。

アセトアルデヒドは、肝臓などの臓器の働きによって分解され、汗や尿、呼気となって体外に排出されるため、アルコールを摂りすぎると、大量のアセトアルデヒドを分解するために寝汗が増えます。

3:病気

室温が高い、ストレスがある、アルコールの飲みすぎなど、ひどい寝汗の原因が思い当たらない場合は、自律神経や甲状腺、感染症など、何かしらの病気が原因の可能性が考えられます。

ひどい寝汗が毎日のように続いたり、睡眠環境を変えても寝汗がおさまらない場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

4:ホルモンバランスの乱れ

妊娠中はどうしてもホルモンバランスが乱れてしまい、特に妊娠初期は基礎体温が上がるため、寝汗の量が多くなります。また、更年期は、自律神経に悪影響を及ぼすことで発汗が多くなるので、多量の寝汗の原因となることがあります。

5:PMS(月経前症候群)

個人差はありますが、女性は生理前の高温期は、体温が0.3~0.5度上昇するため、寝汗が多くなります。ホルモンの変化の影響のため、PMS(月経前症候群)の症状のひとつであると考えられています。

6:睡眠環境

寝室の室温は、夏は25〜27℃前後、冬は15〜18℃前後、湿度は通年50〜60%が理想と言われています。また、寝床内温度は30℃前後、湿度は50%前後が快適とされています。

暑い日に冬用寝具を使ったり、厚手のパジャマを着るなど、季節に合わない睡眠環境で眠ると、寝汗をかきやすくなります。

寝汗が及ぼす悪影響

たくさんの寝汗をかくことで、体に悪影響を及ぼすことがあります。

1:睡眠の質が低下

多量の寝汗をかくと、布団の中が蒸れて不快に感じます。その結果、夜中に目が覚めてしまったり、眠りが浅くなることがあります。また、寝汗によってあせもなどの肌トラブルが起きると、かゆみなどで寝つきが悪くなることもあります。

2:体臭や寝具のニオイの原因

寝具やパジャマが寝汗で濡れると、雑菌が繁殖してニオイの元となります。寝具をこまめに洗濯をしないと、嫌なニオイが染み付いて、睡眠の妨げになることも。

また、ストレスや過度な疲労が寝汗の原因の場合、汗の臭いが強くなることもあります。

3:風邪をひきやすくなる

大量にかいた寝汗が冷えると、体温を奪うため、風邪をひきやすくなります。

寝汗の対処法

寝汗には様々な原因がありますが、まずは、簡単にできる睡眠環境や寝具の見直しをし、それでも多量の寝汗が治らない場合は、医療機関を受診しましょう。

睡眠環境や寝具の見直し

季節に合わない寝具や、通気性の悪い寝具を使用していると、布団内の温度が高くなりすぎたり、蒸れて、寝汗をかきやすくなるので、一度、寝具を見直してみてはいかがでしょうか。

病院を受診する

睡眠環境や寝具を見直しても、着替える必要があるほどの寝汗が続く場合は、病気のリスクも考えられるので、自分で判断せずに、一度医療機関を受診しましょう。

寝汗を対策する寝具の選び方

寝汗の対策ができる寝具の選び方をご紹介します。

通気性、放湿性

寝具に対して一番の大敵は、年間を通して湿気です。湿度の高い梅雨や夏はもちろん、冬も汗をかくので寝具内には湿気がたまります。

寝汗をかくと布団の中が蒸れて熱がこもりやすくなりますが、通気性・放湿性の高い寝具であれば、かいた汗を布団の外へ逃がしてくれるので、睡眠の質を高めることができます。また、風通しのいい寝具は、汗をかきにくくなるので、過度な寝汗の予防にもなります。

接触冷感

接触冷感の寝具は、体と生地が触れることで、人の体の熱を生地が吸収して冷たさを感じるというメカニズムです。

ですが生地が吸熱する量には限界があるため、飽和状態になると生地がぬるくなります。その結果、蒸れが発生してむしろデメリットになるため、接触冷感が持続する寝具を選ぶのがオススメです。

睡眠の質を高めるなら!おすすめアイテムをチェック

ブレインスリープでは、お客様の睡眠に関するご要望やお悩みに合わせて、様々な寝具を開発しています。その中から、おすすめアイテムの特徴やポイントをご紹介します。

ブレインスリープ コンフォーター パーフェクト ウォーム EX

「ブレインスリープ コンフォーター パーフェクト ウォーム EX」は、羽毛も毛布もいらない、これ1枚で冬の睡眠が快適になる究極に暖かい掛け布団です。

特徴1:羽毛を遥かに超える究極の暖かさ

その秘密は、熱を逃がさない9層魔法瓶構造。冷気を遮断するアルミプロテクター・驚異の吸湿発熱力を誇るカポックヒートEX・希少なレアメタルにより体温を反射するリカバリーインサレーションなど、先進テクノロジー素材をレイヤード。9層構造が熱を保温し、暖かい熱を逃しません。羽毛布団の中でも高品質と言われるグースダウン羽毛布団と比較して、約120%の保温性を実現しています。

特徴2:気持ちよく、ムレない究極の寝心地

カシミヤに極限まで近づけた特殊繊維構造の毛布生地で、まさにカシミヤの様な柔らかで滑らかな風合い。さらに、独自開発した肌面の毛布生地は、極上の気持良さ・ムレにくさ・吸湿発熱性機能を兼ね備えて、入った瞬間からの暖かさを実現します。

特徴3:自宅の洗濯機で丸洗い可能

丸ごと洗えて、清潔加工。オフシーズンにはコンパクト収納も可能。抗菌よりも強い制菌性で、ふとん内部の菌の増殖を抑制し、汗の嫌な臭いも消臭。しかも、抗ウィルス機能で究極の清潔さを保ちます。

特徴4:さらにわた埃の発生を約96%軽減。ハウスダストの心配も不要

ふとんから発生するわた埃を最小限に抑えることにより、毎日安心して睡眠できます。

ブレインスリープ ピロー

ブレインスリープの看板商品『ブレインスリープ ピロー』は、ベストセラー『スタンフォード式 最高の睡眠』の理論を基に、脳と睡眠研究によって開発されました。睡眠の質を左右する「黄金の90分」に注目し、脳を冷やすことで睡眠の質を高める枕です。

特徴1:オーダーメイドのようなフィット感で、首や肩が痛くならない

独自の3層構造が特徴。1番上のふんわりとした層が、自分の頭の大きさや重さに合わせて変化するため、オーダーメイドを超えるフィット感を感じることができます。
また、中心部分が1番柔らかく、左右にいくほど弾力が高まっている“9つのグラデーション構造”になっているため、仰向け・横向き・うつ伏せなど、どのような寝方にもフィットします。さらに横幅60cmと幅広設計なので寝返りしやすく、睡眠の質が高まります。

特徴2:脳を冷やして早く、深く眠れる

脳を冷やすと、眠り始めの90分の睡眠が深くなり、眠りの質が良くなります。この90分の質が悪いと、その後何時間寝ても睡眠の質が悪いとまで言われているほど。ポリエチレンを編み込んで作られる『ブレインスリープ ピロー』は、枕に使用されることの多いウレタンやフェザーなどの他素材と比べて、長時間眠っていても高い放熱量を維持することができるので、頭部の温度を低く保つことが可能。熱や湿気が睡眠を邪魔することなく、快適に睡眠できます。

特徴3:自宅で丸洗いできるからいつでも清潔

ポリエチレンを編み込んでできているため、汚れが素材にしみ込んで取れないということも起こりにくく、シャワーで簡単に汚れを落とすことができます。3か月に1回程度のお手入れがおすすめですが、自宅で手洗いできるので、汚れや臭いが気になった時に丸洗いし、いつでも清潔な状態をキープ。また、枕カバーは洗濯機で洗うことができます。

さらにダニやカビが発生しにくい素材なので、ハウスダストやアレルギーをお持ちの方や、お子様と一緒に寝ている方が安心して使用できるのも嬉しいポイントです。

ブレインスリープ マットレス プレミアム フロート

「ブレインスリープ マットレス プレミアム フロート」は、9層構造が多方向から身体をしっかり支えることによる超・体圧分散と、NASAが提唱する究極のリラックス姿勢の再現により、身体の負荷を軽減するマットレスです。

特徴1:新感覚の弾力。9層構造のハイブリット反発で身体の負荷を軽減

一方向だけではなく、無数の繊維があらゆる方向から立体的に身体を支えるハイブリッド反発が、部位によって異なる重さや面積に最適に反応。さらに独自の9層構造が重力を吸収してその力を反発力に変換。しっかりと身体を支えて正しい寝姿勢を保ちます。

特徴2:NASAが提唱する中立姿勢を再現。究極のリラックスへ

宇宙空間で身体を預けると、自然と肩が内側に入り、脚が上がった体勢になります。これは、身体に最も負担の少ない姿勢だとされています。本製品は独自の三次元構造体によって、浮遊するかのような反発と肩・腰・脚に合わせた最適な硬さを形成し、重力から解放された究極のリラックス姿勢へと促します。

特徴3:脚をあげることで巡りを高める。

脚部が胸元より4cm高く設計されており、血流が胸元に循環しやすくなります。

特徴4:抜群の通気性で熱がこもらず快適

良質な睡眠を得るためには、寝床内の温度と湿度を適正に保つことが重要です。90%以上が空気層でできているので、睡眠時に発生する熱や湿気がこもらず、快適な睡眠環境をつくります。

特徴5:シャワーで水洗いできて清潔。

カバーは取り外して洗濯機で洗えることはもちろん、マットレスの中材も全て洗えます。中材はシャワーで汚れを洗い流せて、シャワー後は日陰干しをするだけで簡単です。

ウレタンやコイルのマットレスは、通気性が悪く湿気や熱が溜まりやすいためマットレスの中でダニやカビが発生しやすいです。ブレインスリープのマットレスは通気性がいいのでダニやカビが発生しにくいうえに、ハウスダストやほこりが気になったらいつでも洗えるので清潔な状態を維持できます。

 

寝汗対策と予防を心掛け快適な睡眠環境を目指しましょう

多量の寝汗は、睡眠の質を悪くする可能性があるので、寝汗対策や予防をして、快適な睡眠ライフを手に入れましょう。

暑い夏の夜には、夏特化型の掛け布団を使用して、布団内の温度や湿度を調整するのがオススメです。

 

<Writer>

ブレインスリープ編集部