睡眠コラム

高齢者が睡眠に悩む原因と特徴とは? 加齢に伴う身体変化と睡眠の関係

高齢になると睡眠に関する悩みが増えやすくなります。さらに睡眠に課題があると日中の活動や精神的にも影響を与えます。今回は高齢者が睡眠に悩む背景や、睡眠のサポートが行える睡眠資格について解説いたします。

 

幅広い高齢者の睡眠悩み

睡眠というのは加齢に伴い変化していきます。具体的には睡眠中、頻繁に目が覚めるようになったり、睡眠時間は60歳以上になると6時間前後と短くなったりします。

その変化の原因は様々ですが、加齢に伴う身体変化は睡眠に影響を与える原因の1つです。

1:ホルモン分泌機能の衰え

睡眠に関わるホルモンの分泌が減少し、寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下したりします。

2:体温調節機能の低下

入眠時は深部体温※の低下が起こりますが、体温調節機能が低下することで入眠前後の体温低下がうまくいかず、寝つきの悪さや中途覚醒に繋がります。

※深部体温とは、脳や臓器など身体の中心の温度のこと。普段我々が体温と呼んでいる手足などの皮膚温度とは区別されます。

3:光を感知するシステムの鈍化

朝に光を浴びることで体内リズムを整える作用がありますが、脳内の光を感知する機能が低下することで、体内リズムのリセット機能に支障をきたします。その他にも日中の活動量の低下や、罹患している身体疾患や精神疾患なども睡眠悩みの原因になります。

加齢に伴う睡眠の変化は誰もが経験する生理的な変化であり、気にしすぎる必要はありませんが、小さな睡眠悩みが睡眠障害に繋がってしまうこともあります。加齢による睡眠の変化を理解して生活習慣を見直すことや、悩みの原因に沿った改善方法のアドバイスが必要です。

ご家族のサポートや、介護関連のお仕事をされている方などは睡眠の知識を学ぶことがおすすめです。中でも睡眠資格スリーププランナーは、高齢者の睡眠についても学ぶことができます。

周りの人の睡眠サポートにスリーププランナー

『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者である西野精治氏が総監修を務め、総勢12名の専門家から睡眠を学ぶことができます。正しい睡眠のメカニズムを学ぶと自分が眠れない原因がわかる、原因を理解できると適切な睡眠改善を行うことができます。またスリーププランナーは自分の睡眠悩みの改善だけでなく、周りの人の睡眠の相談にのることができ、睡眠の情報を発信することもできます。

睡眠資格スリーププランナーで学べること

高齢者の睡眠について、加齢による生理的な変化やメカニズムを理解しながら学ぶことができる

例えば、睡眠中は脳内にたまった老廃物の排出処理が活発に行われます。脳内の老廃物はアルツハイマー型認知症の原因物質の1なので、適切な睡眠は認知症の予防にも繋がります。

さらに睡眠障害や睡眠薬について学ぶ章では高齢者の睡眠障害についても詳しく記載しています。閉塞性睡眠時無呼吸症(通称:睡眠時無呼吸症候群)など一部の睡眠障害では高齢になると罹患率が上がるものがあります。睡眠障害によっては気づきにくいものや、医療的な治療が必要になるものもあり、睡眠障害について学ぶことも非常に重要です。

エビデンスに基づいた睡眠改善方法を学ぶことができる

例えば、日中眠いが夜は寝つきが悪いなど、昼夜のメリハリが少なくなっている方に対しては、光の浴び方を工夫することがすすめられるでしょう。

元々人間が持つ体内リズムは24時間よりも少し長いと言われていますが、それを24時間に調整してくれるのが光です。朝起きたい時間にしっかりと光を浴びて覚醒モードに。逆に夕方以降に白く明るい光は浴びないようにして、暖かく暗めの光の中で過ごすことで休息モードへと切り替わり、体内リズムを整えることができます。

スリーププランナーは『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者である西野精治氏と太田総合病院記念研究所太田睡眠科学センター所長の千葉伸太郎氏が総監修を務め総勢12名の医師や専門家が監修している資格です。仕事やプライベートで忙しい方でも、一貫してオンラインで資格を取得することが可能です。

日常や仕事への活かし方

高齢者の不調の原因はもしかしたら睡眠にあるかもしれません。睡眠の知識を持つとその原因を推察することができ改善に促すことができます。

睡眠の課題は認知症や生活習慣病など疾患のリスクを高め、さらに精神的にも不安定になりやすくなります。睡眠のサポートを行うことで、高齢者の生活の質の向上にお繋ぎいただけます。

さらに、スリーププランナーは取得後のアフターフォローを充実しています。

睡眠のセミナーが行える資料や睡眠評価ツールが無料でダウンロード

睡眠セミナーの実施や睡眠相談をうけることができます。

スリーププランナー専門の相談窓口(1カ月内で回数制限あり)

睡眠に関する困ったことがあればご相談ください。

その他にも最新の睡眠情報の発信や、監修者によるセミナーを適宜開催しております。

 

睡眠資格「スリーププランナー」

自身の睡眠改善だけでなく、周りの方の睡眠相談にのったり、睡眠の情報を発信ができる資格です。

 

 

<監修>

スリーププランナー

スリーププランナーとは、睡眠研究の世界的権威の西野精治先生をはじめとする12名の医師や専門家が監修した睡眠の資格保有者です。
エビデンスに基づいた睡眠の正しい知識に加え、改善方法やアドバイス方法、さらには計測方法など、睡眠にまつわる様々な知識を習得し、睡眠から社会を良くすることができるのがスリーププランナーです。
本記事はスリーププランナーが監修しています。

スリーププランナー公式サイト