睡眠コラム

布団の収納場所や収納方法ってどうすればいいの?布団収納のベストプラクティス

「毎日、布団の出し入れをするのが面倒」、「シーズン毎に布団を入れ替えるから収納スペースが足りない」など、布団の収納方法に悩んだことがある方は多いかと思います。

布団はサイズが大きいため、奥行のある押入れに収納するのが理想ですが、現代の住宅事情では大きな収納スペースがない場合もあり、できることならスッキリ&簡単に収納したいのに、敷きっぱなしにしていたり、ギュウギュウに詰めて出し入れに苦戦している方もいるでしょう。

そんな布団の収納場所や収納方法のベストプラクティスを求めている方のために、布団収納の基本やアイデアをご紹介します。

布団収納の主なパターン2つ

布団を収納するタイミングは主に2パターンあります。敷布団を利用しているため毎日収納する場合と、シーズン毎に収納する場合についてご紹介します。

1:毎日収納するパターン

出し入れが面倒になって敷きっぱなしにしてしまう方もいるかと思いますが、人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われていて、布団をそのままにしておくと、汗や湿気がこもり、カビや臭いが発生する原因になるので、できる限り毎日収納するようにしましょう。

毎日収納する場合は、出し入れを簡単にすることが大切です。

押入れに収納する場合

押入れの上段は「ゴールデンゾーン」と呼ばれ、頻繁に出し入れする物の収納に適しています。かがむ必要がないので、布団を二つ折りにして平置きすれば、最低限のアクションで出し入れができます。また、湿気がこもったり傷んだりするのを防ぐため、重い敷布団は下に、軽い掛け布団は上に重ねるようにしましょう。

もし下段に収納する場合は、湿気がたまりやすいので、ダニやカビ予防のために、すのこ板を敷くのがおすすめです。また、キャスター付きの布団収納ラックを活用すれば、出し入れの負担を軽減することができます。

クローゼットに収納する場合

クローゼットの奥行は一般的に45~60cm程度と言われ、シングルサイズの敷布団を三つ折りにした場合の奥行は約60cmです。そのため、はみ出さないように布団を収納するには、平置きではなく立てて収納するのがオススメです。

マットレスタイプの敷布団は倒れにくいのでそのまま縦に収納し、柔らかい敷布団の場合はクローゼットの奥行きに合った布団収納ケースを使うか、突っ張り棒をクローゼットの中に突っ張らせて布団が倒れるのを防ぎましょう。

2:シーズン毎に収納するパターン

湿気を含んだまま寝具を収納してしまうと、ダニやカビが発生しやすくなります。布団カバーやシーツを外し、綿布団は天日干しに、羽毛布団は風通しの良い部屋で陰干しをして、しっかり乾燥させてから、なるべく湿気の少ない場所に保管しましょう。布団を重ねる際は、重い敷布団は下に、軽い掛け布団は上に重ねるようにしましょう。

防虫剤と一緒に保管する

防虫剤を布団の間に挟み、布団専用のバッグや通気性の良い布に包んで保管しましょう。ビニール袋など通気性のない袋で収納してしまうと袋の中が蒸れて、カビや布団の品質を損なう原因となるので気をつけてください。

ときどき、干して乾燥させる

ダニやカビ、臭いを防ぐために、ときどき干すのがオススメです。収納場所の扉を開けて空気の入れ替えを行ったり、除湿機を使用して乾燥させるのも良いでしょう。このひと手間で布団の耐久性が向上します。

圧縮袋を使う場合は布団の素材に合わせる

長期間圧縮袋に入れっぱなしにした布団はボリュームがなくなってしまう可能性がありますが、綿は復元性が高いので圧縮袋を活用しても問題ありません。

ですが、羽毛布団は圧縮袋に入れてしまうと羽毛が傷んでしまい、布団の寿命を縮めてしまうので注意が必要です。どうしても使用する場合は、元の高さの4分の1程度を目安に、空気を抜きすぎないようにしましょう。

主な布団の収納場所

布団の収納場所によって、メリット、デメリットがあるので、それぞれ確認しましょう。

1:押入れ

押入れは布団の収納を目的として作られているので、布団を3つ折りにすればスッキリ収まり、布団の出し入れがしやすいのが特徴です。

ですが収納前にしっかりとお手入れをしておかないと、ダニやカビが発生する原因になるので、湿気や汚れ対策を怠らないようにしましょう。また、収納の仕方によっては他の収納品が取り出しにくくなったり、布団を積み重ねると下の布団が取り出しにくくなる可能性があるので、普段の生活をイメージして、順番や位置を決めましょう。

2:クローゼット

クローゼット内に収納できれば、洋室の雰囲気を壊すことなく、スッキリとさせることができます。

ですがもともとクローゼットは洋服やバッグ、雑貨などを収納するように作られているため、大きな布団を収納できない場合があります。また、どうにか収納ができても、他の収納品が取り出しにくくなる可能性もあります。

3:部屋の中

最近の住宅環境では、押入れにもクローゼットにも布団を収納できない場合もありますが、布団を敷いたままでは見栄えが悪く、友人などを招くことができません。また部屋の一部が布団で占領されてしまうため、生活スペースが狭くなってしまいます。

部屋のどこかに収納する場合は、ベッド下やソファ下、部屋の隅など、部屋のデッドスペースを活用しましょう。重ねて収納すると布団が潰れて状態が劣化する可能性があるので、気になる方は圧縮ケースや収納袋など、専門のアイテムを利用して保管するようにしましょう。

また、収納する際は、ダニやカビの発生の原因となる湿気をしっかりと取り除き、乾燥させることも大切です。特にベッド下は湿気がたまりやすいので注意してください。

布団収納のアイデア

押入れやクローゼットなどに収納するのが基本ですが、それ以外の方法もあるので、自分に合った収納方法を取り入れましょう。

1:クッションやソファとして使う

最近では、クッションやソファの中身として布団を利用できるケースなど、布団をスッキリ収納できる便利なグッズが発売されています。

掛け布団を丸めてケースの中に収納し、ファスナーを閉じるとクッションになるケースの場合、しっかりとした素材&デザインにこだわれば、収納スペースの節約になるほか、インテリアとしても活躍してくれます。シーツや敷きパッドも一緒に収納できるサイズもあるので、自分の寝具に合わせて選びましょう。

2:布団保管サービスを使う

布団保管サービスとは、夏の間に使わない羽毛布団や毛布、コタツ布団などを、クリーニングして預かってくれるサービスです。自宅での収納スペースを確保する必要する必要がなく、ダニやカビの発生の心配がないので安心。一般的には保管前にクリーニングをする業者が多いのですが、返却直前にクリーニングするように選べる場合もあります。ですが、汚れは時間が経つと落ちにくくなるので、保管前にクリーニングをしてもらいましょう。

冬物は5月半ばに片付けて、10月頃に出すのが平均的と言われていますが、最近はその年によって寒くなる時期が異なるので、返送時期の調整ができる業者がオススメです。

また、クリーニング後の布団を圧縮した状態で保管する業者とそうでない業者があり、どちらにもメリット、デメリットがあります。圧縮された状態で返送される場合、使い始めるまでスッキリと収納することができますが、布団が傷ついたりへたるリスクがあります。圧縮されない場合、フカフカの状態がキープされますが、使い始めるまでの間かさばってしまいます。

そのほか、受け入れ対象外の素材があったり、嘔吐や尿などの衛生面で問題のある汚れは対応不可など、業者によってルールが異なるので、事前に確認しましょう。自宅の収納スペースや布団の素材などを考慮して、適したサービスを見つけてください。

布団収納のベストプラクティスとは?

ここまで、布団の収納場所や収納方法を説明してきましたが、どんな収納方法でもお手入れが必要であり、ダニやカビのリスクがあります。季節ごとに寝具変えると、シーズン外の寝具を収納するスペースが必要になってしまいます。

そこで、オールシーズン使用することができ、出し入れが楽でありながら良質な睡眠をサポートしてくれる『ブレインスリープ オールインワン』をご紹介します。

『ブレインスリープ オールインワン』がオススメ!

マットレスと枕、掛け布団が一体となった寝具『ブレインスリープ オールインワン』は、1年を通して使えるから収納する必要がないのが特徴です。通常のシングルサイズの3分の2とコンパクトで、折り畳むことも可能。畳むと20分の1まで面積を抑えられ、とても軽いので、収納にも持ち運びにも便利です。

特徴1:睡眠の質にこだわるブレインスリープが開発

脳を冷やし、深い睡眠に誘う『ブレインスリープ ピロー』と、優れた体圧分散性の『ブレインスリープ マットレス フロート』が一体化。高反発素材で、スムーズな寝返りをサポートしてくれます。

特徴2:寝袋タイプの掛け布団でオールシーズン対応可能

シュラフタイプの『ブレインスリープコンフォーター』は、シュラフに包まれば暖かく、開いて掛け布団のように使用すれば涼しいので、オールシーズン対応可能。肌に当たる面はしなやかなコットン素材で心地よく、外側は撥水素材で清潔さをキープしてくれます。

特徴3:水洗いができて清潔

汚れにくい加工はもちろん、ピローとマットレスはシャワーで丸洗いができ、コンフォーターとカバーは洗濯機で洗えるので、衛生面も安心。日常使いのほか、キャンプや車中泊、来客時にもオススメです。

特徴4:超省スペース設計&軽量で持ち運びが楽

わずか5秒で収納できる簡単構造。コンパクト&軽量なので、どこにでも持ち運ぶことができます。2個を連結してダブルベッドサイズにカスタマイズすることも可能。


布団収納は「簡単・楽に」を意識!

布団を毎日出し入れする場合は、いかに簡単かつ楽に収納できるかがポイントです。シーズン毎に布団を変える場合は収納スペースの確保と、カビやダニ対策を怠らないように気をつけましょう。

コンパクトに収納したい方や、シーズン毎に布団を変えるのが面倒な方、簡単に丸洗いして衛生的に使用したい方は、オールシーズン使用できる「ブレインスリープ オールインワン」をチェックしてみてください。