睡眠に関する情報発信(メディア・一般の方向け)

正しい睡眠情報を発信し、日本全国民の睡眠IQを高める

日本は世界で一番睡眠不足の国であることをご存知でしょうか?2018年のOECD報告データによれば、日本はOECD加盟国の中でワースト1位の睡眠時間であり、またそれは年々短くなる傾向を示しています。

2018年OECDデータより

しばしば「睡眠負債」と言われるように、睡眠時間の短縮は知らず知らずのうちにどんどんと蓄積され、日中の集中力の低下、メンタルヘルスの悪化、生活習慣病のリスクの増加など様々な悪影響を及ぼすことが分かっています。

世界一の睡眠負債国である日本のために、ブレインスリープは、スタンフォード大学で30年超の睡眠研究実績のある西野が手掛ける最先端かつ正確な睡眠情報を様々な形で発信していきます。医師の監修による、医学的・科学的エビデンスに基づいた情報を提供することで、日本人の睡眠IQ、睡眠リテラシーを高め、睡眠負債がなくなる社会の実現を目指します。

睡眠には非常に複合的なファクターが関与し、そのため、様々な形で睡眠障害が発症・進行しているリスクが潜んでいます。そうした潜在的な睡眠障害患者の方々に対しても、睡眠障害を認知していただき、適切な治療に進んでいただくためのきっかけを提供していきます。

  • WEBコンテンツ:誰もが知っておくべき睡眠の基礎知識をご紹介します
  • テレビ・雑誌・新聞:弊社代表の西野を中心に、様々な媒体で睡眠IQを高めるための情報発信を行います
  • 書籍:弊社代表西野が執筆した書籍のご購入はこちら
  • セミナー:睡眠研究・医療の最前線で活躍している医師・研究者によるセミナー・講演のご依頼を随時受け付けております

睡眠×健康経営サポート(法人向け)

世界で戦う企業こそ、「睡眠×健康経営」

企業の経営者、管理職、人事担当の皆様、こんな風に思ったことはないでしょうか?

  • □グローバルに通用する競争力を持った企業に成長させたい
  • □AIによる業務効率化に合わせて、クリエィティブな発想を重要視したい
  • □就業者の離職率を下げたい etc・・・

そう思われた方々、今一度社員の「睡眠」状態を見直してみてみませんか?
世界で大きく成長する企業も、社員のウェルネスのために仮眠室や仮眠スペースを設置し、仕事の効率化、メンタルヘルスの向上を図っています。
日本流に言うと大昔は、「腹が減っては戦はできぬ」が戦の前の名言であったと思いますが、企業が本質的な人材の成長、生産性を高め、競争市場で生き抜くためには、睡眠の減少は致命的な問題であることを知ってほしいと思います。

睡眠負債が引き起こす恐ろしい結末

睡眠負債の蓄積は人間の日常生活に様々な悪影響を及ぼすことが分かっています。
歴史上の重大事故ではチェルノブイリ原子力発電所事故や、石油輸送船エクソン・バルディーズ号原油流出事故、スペースシャトル「チャレンジャー号」爆発など、また近年の報道でもしばしば取り上げられる職業運転手による事故など、睡眠不足による不注意で引き起こされたものが数多く含まれていると指摘されています。睡眠負債を放置すれば、最悪の結末を招く可能性さえあるのです。

我々が提供する睡眠医学×働き方改革

企業の労働生産性向上、就業者のメンタルケアのための睡眠医学を中心とした健康ソリューションサービスの提供

世界最先端の睡眠研究を行っているスタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長の西野を代表とする我々ブレインスリープは、昨今日本で課題となっている労働生産性の向上、就業者の健康管理やメンタルケアの充実のために、「睡眠」を軸とした新しいITヘルスケアソリューションを提案していきます。

事例)企業のオフィス内での仮眠スペースのコンサルティングと健康増進プログラムの導入

☆とあるIT系企業様のご要望
システム開発依頼が多い時期にはどうしても夜遅くまで作業が遅延し、翌日の業務効率の低下(打合せ中に居眠り)や、作業オペレーションの中でのミスが多発してしまう。社内だけの問題であればいいが、お客様の利益を大きく損なう恐れのある重大なミスにつながる恐れがある。社員の睡眠・健康状態を適切に把握し、各自に合ったソリューションを用意したい

<提案する解決策>
  • 睡眠に適した環境を社内に構築した仮眠室及び仮眠スペースのコンサルティング
  • 問診や医師の往診、オンライン診療を活用した従業員の睡眠や健康状態の効果的・効率的な把握
  • 社員の健康意識を増進させる、医師監修の情報コンテンツの提供とモチベーションアップフォロー

お問合せはこちらから

睡眠のオープンイノベーション(一般法人・大学・医療機関向け)

SMOI SYSTEM

スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長の西野を代表とする我々ブレインスリープは、日本の民間企業様が関与される睡眠研究を加速し、アカデミック研究で得られた知見を民間企業様を通じて広く一般社会で活用してもらうためのエコシステム構築を目指しています。

SMOI SYSTEM (“Sleep Medicine Open Innovation SYSTEM”) と名付けられたこのプラットフォームでは、広く睡眠に関係する事業を行っていらっしゃる民間企業様の睡眠研究のパートナーとして、ブレーンスリープが研究の立ち上げから研究開発ターゲットの設定、研究成果の具現化まで、一気通貫でアドバイスを提供し、睡眠研究の事業化、睡眠研究をベースにした製品展開を強力にサポートします。

睡眠研究で30年超の実績を持つ弊社代表西野の監修・協力のもと、民間企業様の持つ事業のシーズを、SMOI SYSTEMのコンサルティングの下、適切にプランニングし、研究開発を進め、事業化に向けて取り組んでまいります。

「事業のシーズはあるものの、事業化に向けたプロセスをどのように踏めばよいか分からない」
「最先端の睡眠医学に基づいた実証実験を行いたい」
「新たな睡眠事業を構築したい」
といった様々なニーズに対して、ブレインスリープが手掛けるSMOI SYSTEMが解決策を提案し、睡眠領域での産学連携を推進。「睡眠」をキーワードに、最先端研究の成果に基づいた事業の具体化を後押しします

SMOI SYSTEMによるシーズから事業化への流れ(例)

STEP1
シーズ

民間企業様の問題

基礎技術の検証、
有用性の把握

SMOI SYSTEMのサポート

事業化のコンセプト提案、
業界調査、契約支援

STEP2
企画

民間企業様の問題

差別化要因の明確化

SMOI SYSTEMのサポート

リサーチ・検証手法の
コンサルティング

STEP3
研究・開発

民間企業様の問題

効果的な分析・解析手法の
セレクション

SMOI SYSTEMのサポート

技術アドバイザー、
評価・分析のアドバイス

STEP4
事業化

民間企業様の問題

コスト最適化、量産化、
認証・承認取得

SMOI SYSTEMのサポート

事業化・PRのサポート、
企業間連携の推進

お問合せはこちらから