寝具の選び方

【睡眠健康指導士(上級)監修】オーダーメイド枕の選び方


 

<監修>

中島 正裕

理学博士/株式会社ブレインスリープ取締役CFO/睡眠健康指導士上級

1983年山口県出身。2007年東京大学理学部物理学科卒業、2012年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了(理学博士)。
株式会社ブレインスリープには2019年5月の設立時より取締役として参画。CFOとして財務面の統括及びパートナー企業向けの睡眠コンサルティング関連事業に加えて、睡眠偏差値として公表している睡眠関連疫学調査の結果を基にした睡眠研究や企業向け健康経営サポート業務も担当。2021年11月に睡眠健康指導士上級資格を取得。

 

枕は睡眠時の寝姿勢を適切に保ち、首に負担がかからないようにサポートしてくれる大切なもの。ですが、人それぞれ体格や首のカーブが違うので、自分に合った枕を既製品から見つけるのは至難の技。そこで、睡眠の質にこだわる人にオススメな、自分に合った究極のオーダーメイド枕と出会うための選び方をご紹介します。

自分に合った枕を選ぶ重要性

十分な睡眠時間を確保したのに疲れが取れない……という人は、使っている枕が合っていないのかもしれません。枕は、頭を乗せるためだけではなく、首を支えて自然な呼吸を促し、質の高い睡眠を得るためにとても大切な寝具です。

自分に合った枕とは?

頭は身体全体の体重の約8%(50kgの人なら約4kg)を占めていて、首にはその重みがかかっています。首のカーブに合った枕を使用することで、頸椎の負担を軽減し、スムーズな呼吸をサポートする自然な寝姿勢を保つことができます。

 

自然な寝姿勢とは、真っ直ぐ立った時の姿勢と同じ状態のこと。仰向け寝では頸椎が緩やかなS字カーブに、横寝では頸椎が真っ直ぐな状態になるのが理想です。高すぎる枕は、頸椎が圧迫されて首や肩の筋肉が緊張し血行不良を起こしてしまいます。反対に低すぎる枕は、頭を支えきれず頸椎に体重がかかり、首こりや肩こりの原因に。さらに気道が塞がりやすく、いびきの原因にもなります。

オーダーメイド枕はどんな人が使っているの?

十分な睡眠時間を確保しているのに疲れが取れない人や、様々な枕を試したのに、どうしても自分の身体に合う枕を見つけられなかった……という人たちが、オーダーメイド枕を使っています。合わない枕を使い続けると、首こりや肩こり、腰痛、頭痛、いびき、不眠など、様々な睡眠トラブルの原因になりかねないので、ぜひ一度、オーダーメイド枕を検討してみてください。

また、一般的な枕よりも高価な商品が多いため、プレゼントとしてもおすすめです。オーダーメイド枕を作るギフトチケットを取り扱っているメーカーもあります。

オーダーメイド枕を作るメリット

頭や首の骨の形状は人それぞれ異なるので、ぴったりフィットする枕の形状も異なります。

市販の枕では満足できない自分だけのフィット感を得られる

自分の頭や首に合っていない枕を使用すると、朝起きた時に首や肩がこってしまい、疲れが取れずに日中眠くなってしまうことも。ですが、オーダーメイド枕なら、自分の体形や寝姿勢に合わせた高さや素材の枕を作ることができるので、自分だけのフィット感を得ることが可能です。また、理想的な寝姿勢をキープできるため、いびき予防にもオススメです。

数ミリ単位で調整ができる

細かい高さの調節をすることで、自分に合った枕を作ることができます。ただし、メーカーによって調整できる内容は異なるので、事前に確認しましょう。数ミリ単位で、首元、後頭部、頭頂部、左右前後と細かい区画ごとに調整できる方が、理想の枕に近づけます。

自分の寝姿勢や寝具との相性とも合わせられる

誰かが「すごくいい枕」と言っていても、自分にとって合っているとは限りません。枕の良し悪しは、枕本体だけでなく、体格や寝姿勢、普段使用しているマットレスや布団などの他の寝具との相性も重要なので、様々な状況に合わせてカスタムできることが、オーダーメイド枕の最大のメリットと言えそうです。

オーダーメイド枕の種類は?

オーダーメイド枕には、寝具メーカーが開発したものや、医師や整体師が監修して開発したものなど様々な種類があります。一般的には、枕の高さや素材を体型や好みに合わせて作ります。

シートの組み合わせで高さを調整するタイプ

シートで高さを調整する枕は、フラットな構造の商品が多いため、寝返りが打ちやすいと言われています。枕の段差があると寝返りに違和感を持つ人は、こちらのタイプがオススメです。

中素材の量で高さや柔らかさを調整するタイプ

様々な素材の中から好みのものを選び、素材を入れながら高さを合わせます。枕の上下左右に素材を入れる複数のポケットがあり、首や頭、横寝の時に使う部分など、それぞれ違う素材や高さに調整できるタイプもあります。素材にこだわりのある人は、こちらのタイプがオススメです。

オーダーメイド枕の相場

オーダーメイド枕は、一人ひとりの悩みや好みを把握し、身体や首のデータを取る必要があるため、平均的には3万円前後の商品が多いようです。ただ、どこまでこだわるか・アフターメンテナンスの有無などによってかなりの価格差があり、さらに高額なオーダーメイド枕も存在します。

セミオーダータイプの枕であれば、1万円前後の商品が多くありますが、素材の選択肢が少なかったり、高さ調整に限りがあったり、アフターメンテナンスが受けられずに年々合わなくなってしまうなどのデメリットがあります。

オーダーメイド枕を選ぶポイント

オーダーメイド枕は自分好みに合わせて調整するので、購入時にチェックしたい4つのポイントをご紹介します。

1:お手入れのしやすさ

せっかく高価格なオーダーメイド枕を購入するなら、できるだけ長く使用したいですよね。そのため、いつまでも清潔に使えるように、洗濯機や手洗いなどで丸洗いできるものを選びましょう。洗濯の可否は中素材の種類によって変わることが多く、枕の素材で人気の羽毛は洗濯できないので注意が必要です。

2:好みの寝心地を得られるか

オーダーメイド枕は、枕の中に詰める中素材を選ぶことができます。中素材の種類によって枕の硬さや寝心地が変わるので、自分に合った素材を探してください。

身体の測定結果に合わせて中素材を決めるメーカーもあるので、感触や素材の好みがある人は事前に確認しましょう。また、中素材とマットレスとの相性も大切で、例えば、高反発のマットレスに低反発素材の枕を合わせると、頭だけ沈み込んでしまい双方の良さが活かされないなど注意が必要です。事前に今使っているマットレスのタイプを確認しておくと安心です。

3:寝返りの打ちやすさ

よく寝返りをする人や体格の大きな人は、幅広サイズの枕がオススメ。一般的なサイズは43cm×63cm程度で、小柄な人〜普通の体格の人は十分ですが、体格の大きい人は50cm×70cm程度あった方が寝返りが打ちやすくて安心です。

4:保証期間が長いもの

どんな枕でも必ず、使用しているうちにヘタって購入時よりも低くなります。また、マットレスや布団を変えることで、体格や年齢の変化とともに、合う枕の高さが変わります。ですので、オーダーメイド枕を作った後に高さを調節するなどのメンテナンスが必要になります。メーカーや商品によって無料でメンテナンスしてくれる期間が異なるので、事前に確認しましょう。定期的に微調整をすることで、長く快適に使うことができます。

オーダーメイド枕の難点

質の高い睡眠や、身体の負担の軽減など、メリットの多いオーダーメイド枕ですが、難点もあります。

価格が高くなりやすい

既製品の枕に比べて、オーダーメイド枕は高額な商品が多いのが難点。ですが、アフターメンテナンスできる商品であれば、既製品の枕を定期的に買い換えるよりも、結果的にコストパフォーマンスが良くなる場合もあります。

また、ひと言でオーダーメイドと言っても、身体の測定や枕の作り方は様々で、高価だから自分に合うというわけではなく、きちんと自分に合った枕を作ってくれるメーカーを探す必要があります。

受け取るまでに時間がかかる

オーダーメイド枕は、体型や首のカーブなどを計測してから作成するので、即日受け取れない場合があります。また、人気のメーカーでは計測の予約が取りにくいことも。さらにメンテナンス時には店舗まで現物を持っていく必要があり、煩わしさがあります。

お店でピッタリでも自宅のベッドだと違和感がある

よくあるのが「店舗で試した時にはピッタリだったのに、自宅で使用してみたら合わない」というお悩み。枕は、枕本体だけでなく、寝る人の身体の状態や、ベッドや布団との相性も大切です。店舗で試した際のマットレスと自宅の寝具の硬さが違う場合、身体の沈み方が変わるために、枕の最適な高さも変わってしまいます。そのため、自宅で使用後、さらに微調整する必要があります。

新しいオーダーメイドの形とは?

オーダーメイド枕の選び方をご紹介しましたが、最近では、細かな測定をしなくても、使っているうちに自分の頭の形に自然とフィットしてくれる枕も登場。そんな、新しいオーダーメイドのような枕『ブレインスリープピロー』の特徴を4つご紹介します。

1:自分の頭に自然とフィットしていく枕

『ブレインスリープピロー』は、ベストセラー『スタンフォード式 最高の睡眠』の理論に基づいて開発された枕で、「オーダーメイドを超えるフィット感で、首や肩が痛くならない」と人気です。 その理由は、自分の頭に自然とフィットしていく特殊な構造。

特許を取得している独自の三層構造で、一番上の“ふんわり層”が、7日間かけて頭になじみます。眠るたびに、頭の大きさや重さにフィットして枕自体が変化するので、使うたびにオーダーメイドのような、睡眠に適した自分だけの枕に。さらに、程よい反発と柔らかさを感じることができるため、頭が浮いているような無重力感覚を味わうことができます。

ブレインスリープピローのフィット感の秘密が気になる方はこちら

2:快適な睡眠を得られる通気性

睡眠時に脳を冷やすと、眠り始めの90分の睡眠が深くなり、眠りの質が良くなると言われています。また、この90分の質が悪いと、その後何時間寝ても睡眠の質は落ちてしまいます。ポリエチレンを編み込んだ『ブレインスリープピロー』は、枕に使用されることの多いウレタンやフェザーなどの他素材の枕と比べて、長時間眠っていても高い放熱量を維持することができるので、頭部の温度を低く保つことが可能。熱や湿気が睡眠を邪魔することなく、快適に睡眠できます。

3:ヘタっても、購入時の状態に復元できる

『ブレインスリープピロー』は、使用前の形を枕が形状記憶しているため、40〜50度の熱めのお湯で洗うと、ふっくら膨らみが戻るようになっています。また、ドライヤーを当てて簡単に復元させることも可能。元のふっくらとした形へ戻したら、改めて7日間かけて自分の頭の形や重さに合わせて枕をフィットさせることができるので、店舗に行く必要もなく、自宅でメンテナンスができます。

4:自宅で水洗いできる

枕本体を自宅で簡単に水洗いすることが可能です。ポリエチレンを編み込んでできているため、汚れにくく、39度以下の水で洗えば、オーダーメイドのような自分専用のフィット感を損なわずに洗うことができます。

ブレインスリープピローを実際に使用した人の口コミ

「まるでオーダーメイドに感じた」と人気の高い『ブレインスリープピロー』を実際に試した人に、感想を聞いてみましょう。

程よい硬さで心地よく、首の負担が少ない

性別:男性
身長:171-175cm 
体格:ふつう

「自分に合いそうな枕を探していたら、プロゴルファーが使用しているのを見て興味本位で購入を決意。使ってみると程よい硬さで心地よく、首の負担が少ないと感じました。購入後も高さの変更ができるので安心です。シャワーで簡単に洗うこともできるので清潔な状態を保つことができるので、衛生的です。また持ち運びができるバッグもついているので、旅行の際に便利です。」

昼間に眠くなることがなくなった

性別:男性
身長:166-170cm 
体格:ふつう

「弾力は独特ですが、頭を乗せると不思議と枕としてはまったく違和感がなく、初めて使用した日でも、使い込んだもののように馴染みました。また、昼間に眠くなることがなくなったように感じます。」

数日経つと頭の形にフィットする

性別:女性
身長:151-155cm 
体格:ふつう

「疑心暗鬼の中自分への投資として購入してみましたが、結果大満足でした。ほんとに、数日経つと頭の形にフィットしてきます。Lowとなやみましたが、Standardでよかったです!」

朝の疲労残りや目覚めの悪さが改善

性別:女性
身長:151-155cm 
体格:ふつう

「結論、とってもよいです。ちょっとでも良くなれば程度の気持ちでしたが、悩みだった、頭ののぼせ感が明らかに改善され、寝つきの悪さや途中覚醒が改善。朝の疲労残りや目覚めの悪さもグッと改善しました! ここまで良くなると思っておらずビックリ。高い買い物ですが、その価値のある良い商品だと思います。」

 

オーダーメイド枕で良質な睡眠を!

枕を変えることによって、首こりや肩こり、腰痛、頭痛、いびき、不眠など、様々な睡眠トラブルを予防することができます。睡眠の質にこだわりたい人や日中のパフォーマンスを高めたい人は、ぜひ一度、オーダーメイド枕を試してみてください。

【参考】
オーダーメイドを超えるメディカルピロー『ブレインスリープピロー』