睡眠コラム

寝ても寝ても眠い…その原因は低血糖!?

「毎日しっかりと寝ているのに、日中どうしても眠くなる」そんな眠気の原因は、もしかしたら「低血糖」にあるかもしれません。

眠さと低血糖の関係について、メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニックの医学博士・知久正明先生に話を聞きました。


<まずは自身の睡眠状況をチェック!20秒で終わるふーみんズ診断はこちら>

 

 朝食を食べない人、糖質制限をしている人は要注意

そもそも「低血糖」とは、どういう状態を指しているのでしょうか。一般的には、血糖値が70mg/dl以下になると「低血糖状態」となり、身体が血糖値を上げようとすることで、

さまざまな症状があらわれます。発汗や動悸、手足の震えなどの症状から、脱力感や疲労感、眠気やめまいなどが出てきます。

さらに低血糖が進行すると痙攣(けいれん)が起き、昏睡状態に陥ることもあります。

「低血糖とは、血液中の“糖”が足りなくなった状態のこと。身体を動かすエネルギーは、糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素によって作られており、頭や筋肉は主に糖質で、心臓は普段は脂質をエネルギーにして動いています。糖が足りなくなると、頭の回転が遅くなったり、同時に眠気も引き起こしたりしてしまいます」(知久先生)

 

低血糖を引き起こす原因とは?

では、低血糖を引き起こす原因は何なのでしょうか。

「主な原因は、朝食を抜くなどの不規則な食生活と、炭水化物ダイエットをはじめとした無理な糖質制限。身体を動かすエネルギーとして本来必要とされる糖質が足りないと、

いつでも疲労感や脱力感が抜けず、たっぷり寝ているのに眠くなってしまいます」(知久先生)

自律神経の乱れが質の悪い睡眠を招く


眠気には、低血糖に起因するもの以外に「自律神経の乱れ」もあります。

「私たちは、日中の活動を支える交感神経と、睡眠前のリラックスした時間を作る副交感神経を交互にバランスよく出すことで、心身の健康を保っています。

しかし、日中活動しているのに夜きちんと眠っていなかったり、眠る前のゆったりとすべき時間にパソコンやスマートフォンを見たり、仕事を終えた夜にジムなどで激しい運動をしたりすると、交感神経が優位になってしまいます。

交感神経は、アドレナリンを出して血圧や血糖を上げる作用があるので、夜に活発になると睡眠の質が悪くなります。睡眠のバランスが崩れることで、日中の眠気につながるということです」(知久先生)

日々、仕事や家事に追われている現代人は、仕事終わりに走ったりジムに行ったり、テレビだけでなくスマホやPCでインターネットを楽しんだりと、夜遅くに自分の時間を作りがち。

日光を浴びて睡眠の質を改善!

夜にゆっくりできず、「睡眠の質が悪い」と自覚している方は、毎朝しっかり日の光を浴びることが大事です。

日光をしっかり浴びることで、夜になると眠気を引き出すメラトニンというホルモンが分泌されるようになり、深い眠りにつながるといいます。

「夜にメラトニンが多くでるように朝方に日光を浴びながら適度な運動をするといいでしょう。疲労が残るような運動は身体にとってストレスになるので、散歩をして軽く汗をかく程度がベスト。歩く際は、早歩きとゆっくりとした歩きを交互に行うインターバル運動を行うと、交感神経と副交感神経が出るバランスがよくなりますよ」(知久先生)

低血糖症状が出たら、吸収の早いブドウ糖を取ろう

眠気とサヨナラするには、規則正しい食生活と、良質な睡眠が大事。そうはわかったものの、低血糖状態に陥ってしまったら、どうすればいいのでしょう。

ブドウ糖を摂ることで、低血糖によるだるさや眠気は改善されます。すぐに眠気を改善したい場合はチョコレートなどに含まれる二糖類(ショ糖、乳糖)よりも、単糖類(ブドウ糖)がおすすめ。

吸収がはやく、糖がすばやく体に取り入れられエネルギーに変わってくれますので、『ブドウ糖入り』と書いてある甘い飲料を口にするといいでしょう。

しかし、摂りすぎは禁物です。また、適度なカフェイン飲料が眠気対策にはいいと思います。

避けたいのは、低血糖状態のまま運動をすること。ますます脳に糖分がいかなくなり、ストレスもたまり症状は悪化してしまいます」(知久先生)

糖尿病の方は、インスリン抵抗性といって細胞の中に糖が取り込まれず、糖がエネルギーとしてうまく使われなくなり食後に高血糖状態を呈します。

高血糖状態が続き膵臓から分泌されるインスリン分泌が低下すると専門医による治療が必要になります。

しかし、治療薬が過剰になったり、食事をとらなかったりすると糖尿病の方でも「低血糖発作」を起こすことがあるため注意が必要です。

また、低血糖による症状が毎日出る人は内分泌系の病気の可能性があります。なるべく早く、専門医による診断を受けるようにしましょう。

睡眠の質を高めるなら!おすすめアイテムをチェック

ブレインスリープでは、お客様の睡眠に関するご要望やお悩みに合わせて、枕やマットレスなど、様々な寝具を開発しています。その中から、定番商品『ブレインスリープ ピロー』と『ブレインスリープ マットレス フロート』それぞれの特徴やオススメのポイントをご紹介します。

ブレインスリープ ピロー

ブレインスリープの看板商品『ブレインスリープ ピロー』は、ベストセラー『スタンフォード式 最高の睡眠』の理論を基に、脳と睡眠研究によって開発されました。睡眠の質を左右する「黄金の90分」に注目し、脳を冷やすことで睡眠の質を高める枕です。さらに、特許を取得した3層構造になっており、1番上のふんわりとした層が、7日間かけて自分の頭の大きさや重さに合わせて変化するため、オーダーメイドのようなフィット感を感じることができると人気です。

特徴1:オーダーメイドのようなフィット感で、首や肩が痛くならない
特許を取得している独自の三層構造が特徴。1番上のふんわりとした層が、7日間かけて自分の頭の大きさや重さに合わせて変化するため、オーダーメイドのようなフィット感を感じることができます。
また、中心部分が1番柔らかく、左右にいくほど弾力が高まっている“7つのグラデーション構造”になっているため、仰向け・横向き・うつ伏せなど、どのような寝方にもフィットします。さらに横幅60cmと幅広設計なので寝返りしやすく、睡眠の質が高まります。

特徴2:脳を冷やして早く、深く眠れる

脳を冷やすと、眠り始めの90分の睡眠が深くなり、眠りの質が良くなります。この90分の質が悪いと、その後何時間寝ても睡眠の質が悪いとまで言われているほど。ポリエチレンを編み込んで作られる『ブレインスリープ ピロー』は、枕に使用されることの多いウレタンやフェザーなどの他素材と比べて、長時間眠っていても高い放熱量を維持することができるので、頭部の温度を低く保つことが可能。熱や湿気が睡眠を邪魔することなく、快適に睡眠できます。

特徴3:自宅で丸洗いできるからいつでも清潔

ポリエチレンを編み込んでできているため、汚れが素材にしみ込んで取れないということも起こりにくく、シャワーで簡単に汚れを落とすことができます。3か月に1回程度のお手入れがおすすめですが、自宅で手洗いできるので、汚れや臭いが気になった時に丸洗いし、いつでも清潔な状態をキープ。また、枕カバーは洗濯機で洗うことができます。

さらにダニやカビが発生しにくい素材なので、ハウスダストやアレルギーをお持ちの方や、お子様と一緒に寝ている方が安心して使用できるのも嬉しいポイントです。



ブレインスリープ マットレス フロート

『ブレインスリープ マットレス フロート』は、特許申請中の最新技術“フロートテクノロジー”で、血流や体温を調整する、医療発想のメディカルマットレスです。

特徴1:“5つのグラデーション構造”で寝返りしやすい
医療や介護の現場で用いられる弾力性に優れたチューブ状の繊維が様々な方向に三次元に絡み合っているため、あらゆる方向から体を支え、体圧が均一に分散。中心部分が1番柔らかく、左右にいくほど弾力が高まっている“5つのグラデーション構造”で、適度な反発性と沈み込みすぎない弾力感があり、寝返りしやすいのが特徴です。

特徴2:肩、腰、脚部分のこだわり設計で、究極のリラックス姿勢
人が無重力空間で自然にとる中立姿勢から発想された、“呼吸をサポートしてくれる肩の部分”、“3層の高い弾圧素材で支えるようにフィットする腰元”、“腰元よりも4cm高く設計されている脚の部分”の3点で支えてくれるので、横になるだけで無意識に究極のリラックス姿勢をとることができます。
この姿勢は、日中溜まっていた血液や老廃物が循環しやすくなり、疲労やむくみなどの軽減効果も高まると考えられています。全身の緊張を和らげてストレス軽減につながると同時に、呼吸が深くなり酸素を多く取り込むことで、朝スッキリとした目覚めに。
また、90%以上が空気層でできているので、睡眠時に発生する熱や湿気がこもらず、快適な睡眠環境を作ります。

特徴3:マットレス本体をシャワーで丸洗いできる

枕と同様に、シャワーで簡単に洗うことができます。汗や皮脂を吸収しやすいマットレスを定期的に丸洗いすることで、ダニやカビの発生を抑制。

また、ブレインスリープの調査によると、低反発素材やコイル内蔵のマットレスに比べて、ポリエチレン素材の『ブレインスリープ マットレス』の方が、通気性、体圧分散性、寝返り、清潔さ、持ち運び、耐久性に優れることがわかりました。さらにウレタン素材や羽毛敷布団に比べ、体の沈み込み量が低いこともわかっています。そのため、体への負担が少なく、心地よい睡眠を実感できます。