睡眠コラム

バスタオル枕の睡眠への影響は?メリットとデメリット徹底解説

睡眠の質にこだわりたいのに、「使用している枕の高さがしっくりこない」、「自分の体にピッタリ合う高さに調整したい」と思っている方は、「バスタオル枕」を試したことのある方も多いのではないでしょうか。この記事では、バスタオル枕のメリットやデメリット、得られる効果、作り方など、バスタオル枕についてについて解説します。

バスタオル枕とは?

「バスタオル枕」とは、その名の通り、バスタオルを折って作る枕のことです。決まった形状の枕とは違い、自分の好きなように折ることができるので、自分の好みに合わせて作ることができます。

バスタオル枕は危険?

自分に合った高さに調整することができるバスタオル枕ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。バスタオル枕が自分に合うのかどうかを判断するために、メリットとデメリットを把握しましょう。

メリット

1:簡単に作れて、自分に合った高さに調節できる

決まった形状の市販の枕とは違い、オーダーメイド枕のように自分の体格や首のラインに最適な高さや形に調整することができます。

また、自宅にあるバスタオルで作ることができるので、コストがかからず、簡単に作ることができます。さらにいつでも洗濯することができるので清潔です。日常使いはもちろん、出張先や旅行先の枕が合わない時でも、バスタオルさえあれば作ることができます。

2:首コリや肩コリの解消

枕の高さや柔らかさが合っていないと枕と首の間に隙間ができてしまい、必要以上に首や肩へ負担がかかります。うまく体圧が分散されないので、首や肩のコリ、頭痛などの原因となるほか、睡眠の質が低下してしまいます。

バスタオル枕は、自由に高さを微調整できるだけでなく、巻き方によってかたさも調整することができるため、首や肩への負担が減るので首コリや肩コリの解消に繋がります。

3:ストレートネックの改善

ストレートネックとは、通常はゆるやかにカーブしている首の骨が、高さの合わない枕を使用していたり、長時間のスマートフォン操作やデスクワーク、猫背などが原因で、真っ直ぐになっている状態です。

人の頭の重さは体重の10分の1程度と言われています。ストレートネックになると、その重さがダイレクトに首や肩にのしかかるため、首や肩の痛みやコリの原因となります。また、首や肩の筋肉がかたくなると血管が圧迫されて脳へと送られる血液量が減少するため、頭痛やめまいといった症状を引き起こす可能性があります。

さらに、最近の研究によって、首回りの筋肉がかたくなることで、自律神経のバランスに悪影響を及ぼす可能性があることが分かってきています。

様々な健康被害のリスクがあるストレートネックですが、睡眠中に正しい首の形を再現することで改善ができるので、自分の首のカーブにあった枕で眠ることがとても大切です。

4:いびきの防止

高すぎる枕で眠ると、喉が圧迫されて気道が狭くなり、いびきや睡眠時無呼吸を引き起こす原因となります。自分に合った高さの枕にすることで喉への圧迫が減るので、いびきを予防できます。さらに呼吸がしやすくなることで眠りが深くなるので、日中のパフォーマンスが上がります。

デメリット

1:睡眠中に崩れやすい

バスタオル枕は形状を保つ力が強いわけではないので、寝ている間に形が崩れてしまうことがあります。寝返り時にタオルがズレたり、時間が経ってタオルの巻きがゆるくなってしまうことも。寝返りが多くて崩れやすい方は、ズレないようにヘアバンドやヘアゴムを使って固定しましょう。

2:弾力がなく、かたさが気になる場合がある

通常、枕には弾力やクッション性がありますが、バスタオル枕には沈み込みや反発力があまりなく、いつもよりもかたく感じる可能性があります。柔らかい素材のタオルを使用すれば多少は改善されますが、調整できる範囲は限られています。

3:最初は試行錯誤が必要

手軽に作れるバスタオル枕ですが、自分の体型や首のカーブにピッタリ合う枕を作るには、何度か試行錯誤が必要です。高さやかたさの調整ができるのはメリットですが、最適な高さやかたさになるまで調整を繰り返す手間がかかります。

4:自分に合っていないと、首や肩のコリ、頭痛の原因になる

バスタオル枕に限ったことではありませんが、自分に合っていない高さやかたさの枕を使用すると、首や肩に負担がかかり、コリの原因となります。そもそもタオルは枕として利用することを想定されておらず弾力がないので、バスタオル枕を使用することで首や肩のコリが悪化してしまう可能性もあります。

5:毎日作らなければいけない

昨晩の形をそのまま維持することは難しく、毎日微調整をしなければいけないため手間がかかります。

バスタオル枕の作り方

バスタオル枕のメリットとデメリットを知った上で、一度試してみたいと思った方に、作り方と、寝姿勢別のポイントをご紹介します。

用意するもの

厚手のバスタオル 3~4枚(薄手なら4~7枚)
フェイスタオル 1枚

柔らかく、ストレスのない肌触りのタオルを用意するのがオススメです。

STEP1

バスタオル1枚(薄手なら2枚重ねる)を広げ、長い辺を半分に折り、さらに半分に折って4つ折りにする。

STEP2

短い辺の片側を8~10㎝折り返して首にフィットする部分を作る。後頭部が丸い人は、折る回数を増やして厚みを調整すると首にフィットしやすくなります。

STEP3

「STEP2」で折り返した部分が内側になるように、長い辺を半分に折り、折り返して高くなっている部分に首を当てて仰向けに寝る。首がスッと伸びて楽に呼吸ができるかを確認し、低すぎる場合は「STEP1」と同様に4つ折りにし、長い辺をさらに半分に折ったバスタオルを下に重ねて高さを調整する。

STEP4

バスタオル2枚をそれぞれ「STEP1」と同様に4つ折りにしてから筒状に丸め、「STEP3」で完成した枕の左右に置く。頭を乗せる中央部分よりも左右が高くなるようにすると、横向きになった時も頭にフィットするので、肩への圧迫感を減らすことができます。

高さが足りない場合はバスタオルを2枚重ねて丸めてください。タオルを全部巻くと高くなりすぎてしまう場合は、巻く回数を調整しましょう。

STEP5

全体がズレないように、上からフェイスタオルをかぶせる。

仰向けに眠ることが多い場合

眠る時も、体を起こしている時と同じ首のカーブを保てる寝姿勢が理想と言われていて、肩口から頭にかけて10〜15度程度の傾斜で、顔面が5度程度傾いている状態とされています。

仰向けで眠ることが多い方は、枕に頭を乗せた時に、視線が真上ではなく、少し足の方へ向くような角度になるように調整しましょう。その際、首や肩に違和感がないか、呼吸がしにくくないか、などをチェックしてください。

横向きで眠ることが多い場合

横向きの理想的な寝姿勢は、頭から首、背骨がベッドと平行になっている状態なので、仰向け寝よりも枕の高さが必要となります。横向きで眠ることが多い方は、前述の「バスタオル枕の作り方・STEP4」のように、横向き寝に適した高さに巻いたバスタオルを枕の左右にセットしましょう。

また、横向き寝では、頭が斜めに傾かないことも大切です。寝返りを打った時、頭が下がったり上がったりせず、真横を向けるかもチェックしてください。ちなみに、長時間のうつ伏せ寝は、体がねじれてゆがみの原因となるほか、胸を圧迫して呼吸が浅くなるなど健康に良くないので、オススメできません。

バスタオル枕以外の枕で解消することもできる

バスタオル枕のメリットやデメリット、作り方などをご紹介しましたが、デメリットも多いので、きちんとした枕を用意するのがおすすめです。その選択肢のひとつとして、3種類の高さから選ぶことができ、もし自宅で試して合わなければ交換可能な『ブレインスリープ ピロー』をご紹介します。

ブレインスリープの看板商品『ブレインスリープ ピロー』は、脳と睡眠研究によって生まれた枕で「オーダーメイドを超えるフィット感」が人気です。

1:オーダーメイドのようなフィット感

とてもシンプルな見た目ながら、特許を取得している3層構造をしているのが特徴です。上から、頭の大きさや重さにフィットする“ふんわり層”、頭や首をしっかり支える“サポート層”、枕を支えつつ下からも空気が抜ける“ベース層”と、3種の厚みが異なる樹脂が重なった複雑な構造になっています。1番上のふんわりとした層が、7日間かけて自分の頭の大きさや重さに合わせて変化するため、オーダーメイドのようなフィット感を感じることができます。

また、中心部分が1番柔らかく、左右にいくほど弾力が高まっている“7つのグラデーション構造”になっているため、どのような寝方でも心地よくフィット。首元はしっかりと支えるように設計されており、沈み込みすぎず首や肩も痛くなりません。睡眠中の寝返りをサポートしてくれるので、睡眠の質が高まります。

2:体に合う高さに交換できる

身長・体重・体格・好みによって、良質な睡眠に適した枕の高さは様々です。すべての人に最適な睡眠環境をご提供するために、ブレインスリープ ピローでは「LOW」「STANDARD」「HIGH」 の3つの高さの枕をご用意しています。さらに30日間交換可能(※1回限り)なので、実際に寝てみて高さが合わなかった場合でも安心です。

また、ドライヤーを当てたり、45〜50度のお湯につけることで、購入時のふっくらとした枕に復元できるので、改めて7日間かけて自分の頭の形や重さに合わせて枕をフィットさせることができます。体型や筋肉のつき方などは日々変化するので、復元できる枕なら長く快適に使用することができます。

3:いつでもキレイ

ブレインスリープ ピローは、自宅のシャワーで丸洗いできるので、お手入れが簡単。ダニやカビが発生しにくく、100%リサイクル可能なサスティナブル素材で作られている点もポイントです。

4:速く深く眠れる

ブレインスリープ ピローは、放熱量が高く熱がこもらないように作られているため、頭の温度を下げて深い眠りにつきやすくなります。ウレタンでできた枕と比較すると、その放熱量は一目瞭然。90%以上が空気でできているため、長時間使っても湿度は上がることなく、むしろ下がっていきます。

バスタオル枕は手段のひとつ

高さを自由に調整できるバスタオル枕は、快眠するための手段のひとつです。メリットとデメリットを考えた上で、取り入れてみてください。

もちろんバスタオル枕以外の選択肢もあるので、「良質な睡眠を得たいけれど、毎回自分で作るのは面倒」という方は、高さを選ぶことができ、オーダーメイドのようなフィット感の「ブレインスリープ ピロー」を検討してみてはいかがでしょうか。