お知らせ

睡眠の質低下により新型コロナウイルス感染率が上昇?! 新型コロナウイルス感染疑い者の42%が睡眠時無呼吸症候群

株式会社ブレインスリープ(本社:東京都千代田区、代表取締役:西野精治・道端孝助、以下「ブレインスリープ」)が実施したオンライン調査において、新型コロナウイルス感染の疑いがあった方について睡眠の質が低くなっていること、特に睡眠時無呼吸症候群の患者である比率が高いことを示唆する結果が得られました。本調査は2021年1月に全国47都道府県の1万人(性別・年齢・都道府県で割付)を対象に、日本人の睡眠実態を把握することを目的に実施され、睡眠習慣や睡眠の質をスコア化するためにブレインスリープが作成した「睡眠偏差値®」を測定するための質問項目に加えて、コロナの罹患に関係する質問項目について回答を求めました。
以前から、免疫力強化には睡眠が不可欠であり、インフルエンザやコロナワクチンの効果が正しく発揮されるためには十分な睡眠が必要であることが指摘されてきましたが、今回の調査結果は、睡眠の質が免疫力に影響を与える可能性があることを示しており、新型コロナウイルス克服に向けて、これまで以上に睡眠への意識を高める必要があることを意味していると言えます。
今回の調査結果を踏まえ、今後ブレインスリープが企業向けに展開する「睡眠偏差値®」サービスにおいて免疫力強化に焦点を当てた新たなサービスプログラムを導入いたします。

  • 免疫と睡眠の関係性―症状別(風邪・インフルエンザ・新型コロナウイルス)の睡眠偏差値の比較
    新型コロナウイルスは2020年以降世界中で猛威を振るい、人々の生活スタイルも大きく変え、睡眠にも大きな影響を与える結果となりました。一方で、人々の睡眠状態の違いが、コロナ禍における体調変化と強く関係する可能性があることが、今回の調査から分かってきました。
    2020年1月~2021年1月末の期間、風邪・インフルエンザ・新型コロナウイルスにより体調不良があった/体調不良を感じた人とそうでなかった人で睡眠偏差値を比較すると、体調不良を感じた人の方が有意に睡眠偏差値が低い結果となりました。
    特に、新型コロナウイルスの疑いがあった人、その中でもホテル療養を行った人の睡眠偏差値がとりわけ低い結果となりました。今回の調査結果はあくまで現時点の睡眠偏差値を評価するものであり、過去1年間の体調不良と睡眠状態の間の因果関係を示すものではありませんが、体調不良があった/体調不良を感じた人は免疫力が低下しており、それが睡眠の問題に起因しているために睡眠偏差値が低くなっている可能性があると考えられます。

  • 新型コロナウイルス感染疑い者における睡眠時無呼吸症候群の頻度と生活習慣
    前節で特に睡眠偏差値の差が大きかった「新型コロナウイルスの疑いによりホテル療養を行った人」について、回答傾向のより詳細な分析を行いました。
    分析から判明した特筆すべき点として、ホテル療養を行った人の中で「睡眠時無呼吸症候群の治療を過去もしくは現在において受けたことがある」方が42%にも上ることが分かりました。この比率は、そうでない人の場合の3%と比べると極めて高い比率であり、新型コロナウイルス感染疑い者において睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方の割合が非常に高いことを示唆している結果と言えます。
    最近、米国で新型コロナウイルス感染者で睡眠時無呼吸症候群の罹患患者が多いことが報告されていましたが、本邦での新型コロナウイルス感染者においても、42%が睡眠時無呼吸群の疑いがあり、感染の疑いがなかった人たちでの有病率が3.1%であり、10倍以上の開きが見られました。睡眠時無呼吸症候群では、睡眠の質の低下が顕著で、感染者の睡眠の質の低下に寄与した可能性があります。
    また、ホテル療養を行った方については、睡眠時無呼吸症候群にも関連性の高い生活習慣である飲酒や喫煙の頻度が高いこともデータから明らかになりました。具体的には、①就寝前の飲酒の頻度では、ホテル療養を行った人で「ほぼ毎日」と回答した人が23%であったのに対して、そうでなかった人で「ほぼ毎日」と回答したのは11%のみ、②喫煙の習慣では、かつて喫煙していた人も含めると、ホテル療養を行った人では58%で喫煙習慣があった一方で、そうでなかった人では喫煙経験者は39%、といった差が現れました。
    今回の結果から、新型コロナウイルスの感染疑いがあった方については、その要因の一つとして、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方が非常に多く、それが睡眠習慣や生活習慣の乱れに起因し、免疫力低下を引き起こした可能性が考えられます。

  • 西野精治コメント/ブレインスリープ代表取締役、「スタンフォード式 最高の睡眠」著者
    今回の調査結果は非常に衝撃的な結果だと思われます。
    新型コロナウイルス感染に、睡眠の質が関与していることは予測でき、最近、米国で新型コロナウイルス感染者で睡眠時無呼吸症候群の罹患患者が多いことが報告されてましたが、本邦での新型コロナウイルス感染者においても、42%が睡眠時無呼吸症候群の疑いがあったという事実です。今回の調査で、感染しなかった人での睡眠時無呼吸症候群の比率は3.1%であり、日本人全体の睡眠時無呼吸症候群の有病率に近い数値ですので、感染者の42%が無呼吸の疑いであったことは驚異的な数字だとおもわれます。睡眠時無呼吸症候群により、睡眠の質の低下、ひいては睡眠の質の低下による免疫力の低下が新型コロナウイルス感染に導いた可能性もあります。また口呼吸の影響などでの、口腔内の乾燥等の状況も関与している可能性もあり興味深いです。今回の調査では、飲酒や、喫煙の感染への悪影響も確認できましたが、睡眠の質、あるいは睡眠時の呼吸障害の影響が大きかったことは非常に有用な所見で、今後の感染予防対策にも大きな影響を与えるものだと思います。

 

  • “免疫力向上特別プラン”実施の経緯
    今回の調査結果を踏まえ、今後ブレインスリープが企業向けに展開する「睡眠偏差値®」サービスにおいて免疫力強化に焦点を当てた新たなサービスプログラムを導入いたします。新サービス導入に先駆け、限定で体験いただける企業を募集することとなりました。
  • “免疫力向上特別プラン” 概要
    従業員の睡眠状態をチェックし、睡眠改善から免疫力向上を目指すためのサポートをさせていただくプランです。
    1. 睡眠偏差値 for Bizの実施(Webで実施可能な睡眠診断サービス)
    2. 集団分析レポートのご提供
    3. 免疫力向上ソリューションのご提供 ※①~④の内、1点選択可能
    ① 免疫×睡眠セミナーの開催/オンライン
    ② 脳の疲れを軽減するマインドフルネスメディテーション※2プログラム/オンライン
    ※2マインドフルネスメディテーションとは:自分の動作や所作に意識を乗せることにより、忙しく回り続ける我々の散漫な思考や感情から抜け出し、コンディションが整うメソッド
    ③ 睡眠改善ヨガ/オンライン
    ④ 医師監修の睡眠改善メールマガジン配信/全5回
    対象企業:限定5社
    対象人数:~100名
    費用 :無料
    参加条件:プラン導入後にアンケートのご協力、導入企業実績として掲出
    応募方法: https://brain-sleep.com/contact/ないしはsuiminhensachi@brain-sleep.comへ「免疫力向上特別プラン」希望と記入の上、ご連絡ください。
  • 睡眠偏差値® 調査結果ページ
    https://brain-sleep.com/sleep-deviation/research2021/
    ブレインスリープでは本調査に関する様々な情報提供が可能です。
  • 睡眠偏差値®とは
    睡眠を評価する際、しばしば睡眠時間などの単純な定量データだけに注目が集まりますが、ブレインスリープは、もっと多角的で総合的な観点から睡眠を評価することが重要だと考えました。そこで、睡眠に関する自覚症状や睡眠習慣を含む幅広い視点で睡眠の主観的評価を定量化する質問群を作成し、さらに日本人に馴染みのある「偏差値」として数値化することで、日本人全体の中での相対的な睡眠状態を把握することを可能にするシステムを構築しました。それが「睡眠偏差値®」です。
    現在は、NTT東日本をイノベーションパートナーとして、企業向け健康経営サービス「睡眠偏差値for Biz」を展開しております。従業員の「睡眠」から企業との「エンゲージメント」を可視化し、さらに、全国の睡眠偏差値と比較することで、自社だけでは表面化されていない課題に新たに気づくことができ、プレゼンティズムを改善することができるサービスです。
  • 調査概要
    調査手法:web調査
    対象地域:全国
    対象者条件:男女
    サンプル数:n=10,000ss
    調査実施期間:2021年1月
    ※集団間の睡眠偏差値、スコアの比較においてはt-検定を行い、有意水準5%以下を統計的に有意な差と判定し記載しました。
    ※昨年と一部対象者、調査項目を変えて調査を行っております。

BACK TO INDEX